スポンサーサイト

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
付加価値の時代

2008-04-08 00:23
今、アメリカのメーカーで、妙な万年筆が売れているそうです。
マンモスの牙のかけら入りとか、クレオパトラのDNA入りとか、そういう類の怪しげな成分の練りこんである万年筆です。
しかしこれが、胡散臭い割に、売れているとか。
しかも、ばかばかしいことに、30万とか平気でする。

一応自己弁護しとくと、うちではこんなくだらない商品卸してませんw

でもこれが売れてるんだな。
なぜかって、極端な金持ち、特に成金は、普通の高級品にはもう飽き飽きしていて、他にはない、ただ高級なだけではなくて希少価値などのある商品を好むんだとか。
こういう人をターゲットにしているからこそ、ある程度の値段がしないと見栄えがしない(浪費感がしないと相手を満足させられない)んですよね。
安い方が嬉しい我々とは、根本的な市場原理が違うわけです。

なんで私が管理本部長やら取締役やらアラビア語専攻で店舗作りの部署の新入社員やらとこんな話をしていたかと言うと、紀伊国屋さんがドバイに支店を作るからなんです。
ドバイの客層ってまさにこれですよね。成金。
うちとは違って紀伊国屋さんは海外展開が好きなんですが、ドバイは今までの支店とかなり異なってくると思います。
その店舗経営に、我々は非常に興味がある。
ドバイ好きの取締役と新入社員君は、もしうちにドバイ支店ができたら赴任するそうですw

  • 付加価値の時代の続きを読む
  • スポンサーサイト
    別窓 | コラム的な何か | コメント:0 | top↑
    出版業界における流通の現状

    2008-02-20 11:32
    本日は「未公開ネタ」カテゴリより「特殊な流通小売・出版業界の現状(某出版取次ぎの受け売り)」について書こうかな、と。
    就活のとき、かなり初期に行ったオープンセミナーで聞いたんだけど、すごく勉強になったんだなぁ。

    ちなみに某取次ぎとは日本出版販売のことです。トーハンは受けなかったんで。
    つか、出版社とか本屋とか受けるなら日販さんの説明会聞くと業界が外から分かって良いね。
    と、結果的に本屋で出版の仕事をすることになった奴が申しておりますw

    まー実際のところ、私が内定先の面接で語ったのは大学の生存競争に対するソリューションなんだけどね。最終面接が教育系部署だったからさ。今でこそ出版に配属替えになったけど。

    でもすごく感心したから、忘れないように書いとく!
    もう1年以上前の話だなんて、信じられないなぁ・・・。

  • 出版業界における流通の現状の続きを読む
  • 別窓 | コラム的な何か | コメント:0 | top↑
    | カーテンコール |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。